AGA 育毛剤

育毛剤Deeper3DはAGAに効く、効かない?

キャピキシルと8種類の成長因子、モンゴロイド3大伝承成分を配合した育毛剤Deeper3D。

 

KGFと呼ばれるケラチノ増殖因子、IGFと呼ばれるインスリン様成長因子と
のグロースファクターを配合し、弱った毛根の細胞を活性化育毛剤です。

 

  • 最近抜け毛が増えた
  • 髪にコシがなくなってきた
  • 薄毛がますますひどくなってきた

 

こういった症状を最近感じている人も多いと思いますが、
その根本的な原因はまぎれもなく毛母細胞が弱ってきているからです。

 

髪というのは、毛母細胞と呼ばれる毛根の細胞が細胞分裂を繰り返し、
上へ上へと伸びていきます。

 

毛母細胞が元気で活発に細胞分裂を繰り返しているうちは
太くてコシのある髪が生え、抜け毛や薄毛に悩むこともありません。

 

 

ですが、

 

 

この毛母細胞が弱ってきてしまうと髪にコシがなくなり、
髪は細く、弱々しくなっていってしまいます。

 

さらに、毛周期と呼ばれる髪のサイクルに狂いが生じ、
通常であれば抜けるはずのない髪が抜け落ちてしまうのです。

 

髪には成長期、退行期、休止期というサイクルがあるのですが、
毛母細胞が弱ってしまうと成長期が短くなり、逆に退行期、休止期が長くなります。

 

まだまだ成長するはずの髪が途中で抜け落ち、見た目に薄毛が広がっていくのです。

 

育毛剤Deeper3Dは、弱ってしまった毛母細胞を元気にする効果のある育毛剤です。

 

世の中には様々な育毛剤がありますが、Deeper3Dは弱ってしまった毛母細胞を
活性化することに関しては業界でもトップクラスの育毛剤です。

 

キャピキシルに加え、8種類の成長因子、モンゴロイド3大伝承成分を配合し、
弱った毛母細胞に再び活力を与える高い効果のある育毛剤です。

 

弱った毛母細胞を元気にするという意味では業界トップクラスの育毛剤であることはゆるぎない事実です。

 

 

ですが、

 

 

だからといってDeeper3DがAGA・男性型脱毛症に高い効果を発揮するかと言えば、
決してそうではありません。

 

Deeper3Dは、毛母細胞を活性化する高い効果を秘めていはいるものの、
AGA・男性型脱毛症対策に特化した育毛剤ではないのです。

 

・・・

 

AGA・男性型脱毛症でお悩みのあなたがAGAに効く育毛剤を探しているのであれば、
選ぶべき育毛剤はDeeper3Dではありません

 

こちらでも詳しく紹介していますが、AGA・男性型脱毛症の元凶は
ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンです。

 

ジヒドロテストステロンが毛根内で脱毛作用を働き、AGAの症状は進行していくのです。

 

AGAによる薄毛の進行を食い止めるにはジヒドロテストステロンの
発生を抑えなければならないのです。

 

 

そのためには、5αリアクターゼ酵素の働きを抑えること。

 

 

ジヒドロテストステロンは5αリアクターゼ酵素の働きによって、
テストステロンが還元されて変化したものです。

 

育毛剤Deeper3Dには残念ながら5αリアクターゼの働きを抑える効果はありません

 

毛母細胞を元気にする、活性化する効果はあっても5αリアクターゼの
働きをブロックする効果はないのです。

 

育毛剤Deeper3Dを使用して髪が増えたように思えてもそれは一時的なもの。
ジヒドロテストステロンの発生を抑えない限り、毛母細胞はやがて弱体化していき、
薄毛はどんどん広がっていってしまうのです。

 

お分かりでしょうか?

 

・・・

 

もし、あなたが弱った毛母細胞を活性化するだけを期待して
Deeper3Dを使用するのはそれはそれで全然アリです。

 

ですが、

 

AGAの根本的な対策をしたい!
AGAに効く育毛剤を使用したい!

 

と真剣に考えているのであれば選ぶべき育毛剤はDeeper3Dではないのです。

 

あなたが育毛剤に求めているものは何か?
育毛剤を使用してどういう効果を得たいのか?

 

ということを再度考えてみて下さい。